ヤミ川崎~もがきの境界線~(分冊版)

ヤミ川崎~もがきの境界線~(分冊版) 【第2話】

更新ステータス
マンガ
作者
関達也 磯部涼
掲載誌
comic RiSky(リスキー)
出版社
ぶんか社
3 (5)

内容紹介

母のネグレクトにより常に腹を空かせていたショウは、兄とともに人を襲って弁当を奪うことを覚える。富裕層が住むタワーマンションが建ち並ぶ一方、工業地帯の片隅で、ヤミに染まらなければ生き延びられない残酷な弱肉強食の日常も存在する。そこは、スラム“川崎”。成長とともに凶悪化していくショウの行く先は――!? ※この作品は「comic RiSky(リスキー) Vol.2」に収録されています。重複購入にご注意ください。


レビュー5

3/52021/08/11 ナックモエ

ウェアハウス川崎やw 今はもうない…

3/52021/02/14 淫夢の王

この本のリリースを知らないけど、今の川崎と乖離してる。少なくとも、2010年以降は川崎駅近辺は浄化され、客引き、反社会勢力はおろか、半グレ集団も淘汰された。ラゾーナ、チネチッタ辺りはもう綺麗なもんで、Dice周辺と銀柳街、仲見世通りにはDQNと海外風俗勢しかいない。もう安全な街よ。200万都市になってもはや横浜を抜く勢い。まぁ、治安というか風紀は乱れてるし、DQNが多いが、小犯罪程度。


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています