この度、悪態侯爵の花嫁捜しを仰せつかりました【分冊版】

この度、悪態侯爵の花嫁捜しを仰せつかりました【分冊版】3

更新ステータス
小説・ライトノベル
作者
秋桜ヒロロ いりえりん
掲載誌
ミーティアノベルス
出版社
クリーク・アンド・リバー社
0 (0)
¥275 ¥137 あとで買う

この作品はアプリでのみ閲覧することができます。


内容紹介

“――あぁもう、無理!! あんな人の結婚相手なんか見つかるわけないじゃない!” 様々なところへ顔が利き、情報通な男爵令嬢レベッカ・テイラー。彼女はその情報網を活かし『お見合い請負人』として名を馳せていた。レベッカに頼めば「自分に合った結婚相手が必ず見つかる」ともっぱらの評判で、成婚率はゆうに八割を超えるという。しかしレベッカ自身は恋愛経験ゼロ。しかも、『お見合い請負人』だって自らが始めたことではなかった。それでも依頼者の喜ぶ顔を見るのが嬉しくて、結婚相談所もどきのようなことを続けていた。ある日、そんな彼女の元に一件の無理難題が。悪名高き『悪態侯爵』の花嫁を見つけて欲しいと頼まれたのだ。『悪態侯爵』とは、人を見ればすぐに悪態をついてしまうスタン・クロフォード侯爵に付いたあだ名。そんな彼の花嫁探しを仰せつかったレベッカ。だが当の本人は「結婚は不要」とまったく相手にしてくれない。なんとかして見繕った相手に会わせてみても、その悪態で女性を泣かせて帰してしまう始末だった。しかし『悪態侯爵』と関わっていく中で、レベッカは彼の意外な一面を知ることになり……? 「ミーティアノベルス」書き下ろし、恋愛経験ゼロ令嬢×毒舌侯爵のラブファンタジー! 『この度、悪態侯爵の花嫁捜しを仰せつかりました【分冊版】3』には「第三章」~「第五章」(前半)までを収録


レビュー

まだレビューはありません


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています