女帝花舞

女帝花舞 15

更新ステータス
マンガ
作者
倉科遼 和気一作
出版社
アイエムエー
0 (0)

内容紹介

また一芸妓に戻り、頑張る明日香。梨奈が謙司と芸妓が付き合っていることを聞き、明日香だと思い込んで怒りを顕わにする。暇になった明日香を、西島と三千歳が座敷に呼び、励ますのだった。左近もやってきて明日香を応援したいと言い、征四郎が三千歳目当てに先斗町に通っていることを教える。仲良くなる明日香と三千歳。謙司との仲を引き裂こうと画策する梨奈は、天才スケコマ師・松村を雇った。その技巧を自分の身体で体験し、これなら明日香を骨抜きにできるとほくそ笑む。客の佐伯に紹介されて、松村に好意を抱く明日香。『ご飯たべ』を承知して、まんまと抱かれてしまった。


レビュー

まだレビューはありません


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています