貴族の娘に転生したのに暗殺者のメイドになりました~早くも死亡フラグのようです~

貴族の娘に転生したのに暗殺者のメイドになりました~早くも死亡フラグのようです~ 8巻

更新ステータス
マンガ
作者
きよせ
掲載誌
アラモード
出版社
ライドオン
0 (0)

内容紹介

「本当に私今日からここで働かなくちゃいけないの…?」地方貴族の娘に生まれたマーヤだったが、父の借金で一家は破産。没落貴族として奉公に出されることになったのは、国内一恐ろしい貴族、サン=シュヴァリエ家だった。ここの使用人は度々行方不明になる噂もあり、絶望に苛まれていると、突然の頭痛からある記憶が流れ込む。「私、前世は女子高生だったわ…!」アルバイトの帰りに事故に遭い、しかも愛読書だったファンタジー小説と同じ世界に転生したと悟るマーヤ。そして小説に出てくるエデル・サン=シュヴァリエは暗殺者であることを思い出し…。死亡フラグ回避のスリルとロマンスのドキドキが止まらない、異世界転生恋愛ファンタジー!


レビュー

まだレビューはありません


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています