溺愛解禁。純愛と呼ぶには欲情しすぎている

溺愛解禁。純愛と呼ぶには欲情しすぎている(2)

更新ステータス
マンガ
作者
掲載誌
TL CLLENN
出版社
CLLENN
0 (0)

内容紹介

気持ちよくてぐちゃぐちゃに抱かれている最中「ねぇ、ひな。俺と結婚してくれる?」大好きな幼馴染からの突然のプロポーズ。奥まで激しくナカを突かれ朦朧とする意識の中、返事を性急に求められ――? 雛子は幼馴染の律に片思いして十年。律に抱かれる妄想でひとりHするほどに想いをこじらせていた。二十歳の誕生日に勝負をかけ「一回だけ…お願い…っ」と言いながら服をめくると「どうして?俺も雛子が好きだよ」と舌を絡めたオトナのキスをされる。律もまた雛子への想いを募らせ、二十歳になるまで指一本触れずにいようと決めていた。今日はその解禁日。処女の雛子は律のモノが入るのか躊躇するが、律は我慢していた恋情が溢れ出し…


レビュー

まだレビューはありません


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています