君と一緒にいたのに、一人のときより淋しかった

作者
仔羊めえ
05(1)