ひきこもりシリーズ

虚弱王女と口下手な薬師 告白が日課ですが、何か。

更新ステータス
小説・ライトノベル
作者
秋杜フユ サカノ景子
掲載誌
集英社コバルト文庫
出版社
集英社
0 (0)
¥605 あとで買う

この作品はアプリでのみ閲覧することができます。


内容紹介

生まれつき病弱なルルディ国の王女アティナ。療養の地であるフィニカの町の領主として、気さくな領民たちと明るく暮らしている。そして、亡き父が自分のためにアレサンドリ神国から呼んだ薬師ルイスへの恋心を自覚してからは、いつ死んでも悔いが残らぬよう、日々告白しては玉砕をくり返していた。そんな中、食糧危機を発端に国を揺るがす事件が起こり…? 健気な七転八倒ラブロマンス!


レビュー

まだレビューはありません


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています