越えてはならない一線と、知っていましたシリーズ

越えてはならない一線と、知っていました 2話

更新ステータス
小説・ライトノベル
作者
彼方紗夜 七里慧
掲載誌
シェリーLoveノベルズ
出版社
宙出版
0 (0)
¥550 ¥440 あとで買う

この作品はアプリでのみ閲覧することができます。


内容紹介

――あなたを諦めるために一夜だけ抱きしめられたい。男爵家のひとり娘シエナと侯爵家嫡男のウォーレンは幼馴染で、家族同様の間柄。だが、シエナはずっとウォーレンに恋心を抱いていた。あるときシエナは、ウォーレンに縁談が持ちこまれたことを耳にする。いずれ当主になるウォーレンとひとり娘で婿を取らなければならないシエナでは、どうあがいても結ばれない。せめて叶わない恋を諦める前に、彼に抱かれること強く願ったシエナは酔った振りをしてウォーレンに迫り、一線を越えてしまう――。その日から、身体だけの関係が始まり……。お互いの心だけが、見えない……すれ違う恋心と身分格差に揺れる切ないラブストーリー最終話。※電子書籍限定書下ろし付き。


レビュー

まだレビューはありません


同じシリーズの作品


一緒にこんな本も買われています