妖狐の旦那さま~大正花嫁奇譚~

妖狐の旦那さま~大正花嫁奇譚~ (1)

更新ステータス
マンガ
作者
百乃モト
掲載誌
恋するソワレ
出版社
ソルマーレ編集部
4 (2)

内容紹介

音を奏でることで特異な力を発揮し繁栄してきた華村家。ただ力が現れなかった華村灯里は厄の源として家族から爪弾きにされていた。親や姉からの心無い仕打ちに日々傷つく灯里。そんな時、この国で最も古く高貴な一族の当主・九石実琴の花嫁探しを兼ねた夜会の招待状が灯里の元へと届く。灯里は何かに惹かれるように夜会へ行くも、姉達に見つかってしまいひどい扱いを受ける。そこへ1人の美しい青年が制止し、灯里の手をとる――「そこまでだ やっと会えたな 俺の愛する花嫁に……」――和風むずきゅんシンデレラストーリー!!!【恋するソワレ】


レビュー2

5/52024/05/16 たまご

ストーリーは好きだけど音姫はトイレのイメージなんよw ほんとストーリーはめっちゃ好き

4/52024/04/19 ありんこ

この手の似た設定、似た人間関係、お約束の実父母からの虐待…あちこち沢山あるんだけど やっぱり読んじゃうよねぇ。


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています