どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます 【連載版】

どうせ捨てられるのなら、最後に好きにさせていただきます 【連載版】 (12)

更新ステータス
マンガ
作者
セレン 碧貴子 すらだまみ
掲載誌
コミックZERO-SUM
出版社
一迅社
4 (12)

内容紹介

「ご安心なさって? 言われなくとも、乙女を抱くように優しく抱いて差し上げましてよ?」侯爵令嬢アニエスは、長年の片恋の相手であり婚約者である王太子のリュシリュールに婚約破棄を告げられる。彼の隣には恋敵の姿が。どうせ愛されることはないのであれば、捨てられ虐げられることしかないのであれば、だったら最後に……。家を、そして自らの自由と矜持を守るために取ったあるとんでもない行動で、しかし何故かアニエスはリュシリュールに執着されてしまう。意地っ張りで素直になれない二人の縺れに縺れた恋の行方は……――一迅社メリッサの大人気作が待望のコミカライズ!【本商品は単話コンテンツとなります。単行本版と収録内容が異なる場合がございます。漫画内の告知等は過去のものとなりますので、ご注意ください。】


レビュー10

4/52024/01/12 さやか

単行本がすごいと聞いて買ってきました! これ以上どうすごいの…?と思ったら いやぁ、すんごい…。 単行本買って正解! イマイチ話が分からなかったところも「あぁ〜こういうやり取りでこうなったのね」と腑に落ちました。 みんなも買うべし!

5/52023/12/18 ぽんたたたん

皇太子拗らせてんなぁぁ…の一言に尽きる。笑 プライド高すぎ、卑屈すぎ! 弱エロがあったのは良かったけども!!!! ps.単行本の方はエロがすごいとのコメントを読んで早速購入してきたけどすんごかった。今まで私は何をしていたんだろう…ぜひみんなも買うべし。


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています