週に一度クラスメイトを買う話

週に一度クラスメイトを買う話3 ~ふたりの時間、言い訳の五千円~

更新ステータス
小説・ライトノベル
作者
羽田宇佐 U35
掲載誌
富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
5 (1)
¥770 あとで買う

この作品はアプリでのみ閲覧することができます。


内容紹介

夏休みが終われば、全て元通りになると思っていた。曖昧になったルールも、仙台さんとの距離も。なのに、彼女だけが未だに変で、「同じ大学受けたら?」なんて言いだす始末。そんなことを言われても、卒業後も一緒にいる理由はないし、彼女の将来に興味はない。そう、全く、少しも、私は興味ないのだ。夏休みが終われば、進路の話になるのは自然なことだ。例えば宮城に、私と同じ大学への進学を提案してみたり。もちろん、宮城がそんな未来を考えていないことは知っている。それでももし、彼女が私と一緒の未来を少しでも考えてくれたら――そんなことを期待する私はやっぱりずるいのかもしれない。


レビュー1

5/52023/12/21 かうけっぽ

2人とも素直になってほしいけど今のままでも良き良き


同じシリーズの作品


一緒にこんな本も買われています