獣人公爵のエスコート

獣人公爵のエスコート1

更新ステータス
マンガ
作者
猫倉ありす 雪兎ざっく
出版社
アルファポリス
3 (3)

内容紹介

貧しい田舎の男爵令嬢・フィディア。彼女には、憧れの獣人公爵・ジェミールを間近で見たいという夢があった。社交界デビューのために王都の舞踏会に訪れた彼女だったが、不運が重なり、彼に会えないまま王都を去ることになってしまう。一方、舞踏会にいたジェミールは、遠目に見たフィディアに心を奪われていた。彼女は彼の『番(つがい)』だったのだ――。ジェミールは独占欲から彼女を隔離するように部下に命令するが、それはすれ違いの始まりで……。愛の重いオオカミ公爵に甘く食べられるノンストップラブ、待望のコミカライズ!


レビュー3

3/52024/04/04 太陽ちゃま

絵は少し拙い印象だったかな?? 「番」をネタにするとやはり少しえちな要素は加えられますね。 そしてやはり、「番」モノは純粋に恋愛モノとして読むのとはまた違うので…そこに存在する感情も「強制的」に感じてしまいがち。 私的にはの話しなのですが、次巻少し様子見しつつ…かなぁ。

4/52024/03/04 ムーン

番外編を番外編と気がつかず読んでしまい、???となっていました。 すれ違いのはじまり、、、。すれ違いが解消されてもすれ違い、、、。このまますれ違い続いてしまうのでしょうか。いつまでもすれ違ってばかりだと、本当に嫌な気分になってしまうなー。


一緒にこんな本も買われています