寿司魂

寿司魂

更新ステータス
毎日無料
作者
九十九森, さとう輝
掲載誌
ニチブンコミックス
出版社
日本文芸社

108,257


内容紹介

週刊漫画ゴラクで好評連載中の『江戸前の旬』。その主人公は、柳寿司三代目の柳葉旬である。旬は、十代の頃から親父に付いて寿司職人の修行をしている訳である。頑固一徹なその親父は、時に厳しく、時にやさしく、息子である旬の成長を見守っている。で、この『寿司魂』は、その旬の親父の物語である。時は昭和三十九年。終戦の痛手から這い上がり、戦後復興の象徴とも言える東京五輪に沸く東京銀座。柳葉鱒之介二十歳である。二十歳の鱒之介は、年齢は若いがまさに職人気質。タイトル『寿司魂』通り、寿司に魂を捧げた鱒之介は、少々ヤンチャで荒っぽく、人情を大事にする男の中の男。実はおぼっちゃまの旬とは大きく違うのだ。昭和三十九年当時の風俗も、忠実に作品の中に取り上げられており、寿司もさることながら、昭和史を読み解くようなノスタルジーにひたることが出来る。『江戸前の旬』の登場人物も、若い姿で多数登場!


コメント 66

2023/11/18 オペークベニア

寿司で客を黙らす⁇ 三代目は食べる前にだいたいキレて暴れられてるよ。 この時、花代ケチらんかったら良かったのにね。

2023/05/11 ななし

なんで、チラシのくだりアカンの? 安客の癖に拘りが偉そーだから?


発売中の単行本

もっと見る


あなたにおすすめのマンガ