流れ板 竜二

流れ板 竜二

更新ステータス
毎日無料
作者
笠太郎, 牛次郎
掲載誌
マンガの金字塔
出版社
グループ・ゼロ

12,280


内容紹介

特定の店に所属することなく、自分の腕ひとつを頼りに日本全国を流れ歩く板前職人――「流れ板」。島根県松江市にある料亭『巴亭』は山陰地方きっての名店との呼び名も高い老舗。その板場の親方・大友に招かれて『巴亭』へとやってきた流れ板・梨堂竜二(りんどうりゅうじ)。もちろん竜二の腕前を見込んでのことだが、『巴亭』は料理以外にある問題を抱えていた。3年前に二代目の主人が亡くなって以降、後妻の綾子が遺言状を無視して女将として店を仕切りはじめ、愛人の脇板・小山内と組んで正当な跡継ぎである先代の一人娘・糸路と板長の大友を追い出し店の乗っ取りを企んでいたのだ…。流浪の料理人が老舗料亭や旅館に絡み合う利権や男女の絡み合った愛欲を断つ、料理&人情コミック!


コメント 21

2023/12/29 頑固親父

昔は上野駅から東北本線や高崎線(信越本線、上越線)、常磐線の急行列車に乗ると車内に煙草の煙が蔓延してた。 東北線と高崎線の下り普通列車が禁煙区間の大宮駅(埼玉県)を出ると車内が今の喫煙所みたいになった。 もちろん禁煙だった国電(通勤電車)も駅ホームはどこでも禁煙可で灰皿があちこちにあるのに面した鉄道線路は煙草の吸い殻だらけだった。(当時から地下鉄駅構内は禁煙)

2023/12/16 ひろ犬

猪木イズム


発売中の単行本

もっと見る


あなたにおすすめのマンガ