耳をすませば

耳をすませば

更新ステータス
毎日無料
作者
柊あおい
掲載誌
フェアベルコミックス
出版社
フェアベル

4,274


内容紹介

読書好きな月島雫は、図書館の本の貸し出しカードにいつも見る「天沢聖司」という名前が気になってしょうがない。「いったいどんな人なんだろう…?」期待を胸に出会った「天沢聖司」は、ちょーヤなヤツだった!? 映画化された名作! 「星の瞳のシルエット」柊あおいの爽やか100%ラブストーリー!! ※このコミックスに『耳をすませば番外編~幸せな時間』は収録されていません。番外編は『バロン~猫の男爵(全2巻)』に収録されています。


コメント 68

2024/01/21 C57BL/6

高校生で映画(金ロー)を観て衝撃的だったな。 自分も小学校の頃は本をたくさん読む子だったのに、こんな素敵な出会いはなかった笑 当時もう中高一貫の男子校に通ってて女子学生という存在は異次元のものだったから、こんな素敵な恋も生まれるハズもなく…。 多分、私は雫に恋をしたんだな。だから原作とか調べて、そこから柊あおい先生の作品も片っ端から読んだっけ。自分の人生の選択を呪った日々だったよ笑

2023/09/09 マサヲ

原作先に読んでたのでジブリでは団地住まいに衝撃受けたわ。 ジブリはリアルな描写のため雫一家を団地住まいにしたとかなんとか。作者も「少女漫画じゃ団地住まいは担当に却下されるから(少女らに夢を与えるため)、この設定は嬉しい」って言ってた気がする。違ってたらすみません。


発売中の単行本


あなたにおすすめのマンガ