余命わずかな私、子どもまで奪われそうです

余命わずかな私、子どもまで奪われそうです

更新ステータス
毎週月曜更新
作者
I Rui(原作)・lobster(漫画)
掲載誌
LINEマンガ
出版社
LINE WEBTOON

42,729


内容紹介

[耐え難い未来を見てしまいました] 「余命わずかなのに子どものそばに残るつもり?」 両親の遺品である魔法の鏡が見せた未来は残酷だった。 出産後に余命を宣告され、夫の別の女に子どもを置いて出ていけと言われる未来。 まだ私たちは結婚すらしていないし、不幸な未来を変えることができるはずよ。 「老公爵様が亡くなったら、私たちも別れましょう。」 冷たい雪のようなあなたが、私をそばに置くはずないもの。 それなのに、どうして別れ話をする私を見つめるあなたの視線はこんなにも熱いの? 「子どもがいなければ問題ないだろ?だから離婚なんて夢みたいなこと期待するな。ただ俺のそばにいてくれ。」 ゆっくりと近づくあなたの唇から、温もりが感じられた。 でもその深いくちづけは、これから始まる長い夜の始まりを知らせるものだった。


コメント 48

2024/04/15 れいちぇる

実は老公爵、めっちゃいい人説ない?ただただ溺愛からの心配で健康診断受けさせてるとか…

2024/03/31 ちょら

間違った余命宣告だったのでは? 絶望させるためとか。


あなたにおすすめのマンガ