龍と苺

龍と苺 (1)

更新ステータス
マンガ
作者
柳本光晴
掲載誌
少年サンデー
出版社
小学館
4 (36)

内容紹介

『響~小説家になる方法~』柳本光晴最新作 命懸けで闘うものが見つからず 退屈した日々を送る、藍田苺、14歳。将棋好きの元校長に、才能を見いだされた苺は 初心者のまま、将棋の市大会に参加することに!!! そこは女だから、子供だから、と言われるような 「見えない壁」がある場所だったが… そんなことは関係ない。苺は真っすぐ、自由に、猛烈に、暴れまわる!!! 連載開始直後から、大大反響! 一手一手、強くなる。“闘う”将棋マンガ、開幕!!


レビュー27

5/52024/02/14 ぶたぬきつねこ

同じつかみにしたのは編集の助言だろうか。 絶対に面白くなるので、読み進めて欲しい。 ここで止めるのはもったいない。

2/52023/12/21 さーさん

漫画だからいろいろ振り切ってるんだろうけど 振り切りすぎて脱落者多数 選ばれし者のみ読める漫画って感じかな


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています