降り積もれ孤独な死よ

降り積もれ孤独な死よ (4)

更新ステータス
マンガ
作者
井龍一 伊藤翔太
掲載誌
イブニング
出版社
講談社
5 (13)

内容紹介

謎を抱えたまま逝ってしまった灰川十三の正体を掴むため、彼の生まれ故郷・北海道の蔵土を訪ねた、刑事の冴木仁と十三の育ての娘・花音。そこはかつて、犬山修二という男によって凄惨な【三十三人殺し】が行われた地だという。生まれつき顔に瑕を持ち、やはり顔に瑕がある一人の少年以外は他人を寄せ付けなかった、犬山。彼が事件後に自決した山に残る、陰惨な辞世の句が刻まれた石碑。地元に残る、子を攫う「リッカの悪魔」の言い伝え。解決の糸口を見つけるどころか、より深く闇へ誘われる仁と花音……。そして、彼らは襲われた。明らかな殺意を向ける襲撃者の顔には……無数の深い瑕が!


レビュー10

5/52024/07/18 みまぁ

おまえかーーー!! って誰?

5/52024/06/22 ちま。

ドラマやるってなって戻ってきたー!!おもろすぎて秒で読める


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています