環と周

環と周

更新ステータス
マンガ
作者
よしながふみ
掲載誌
ココハナ
出版社
集英社
5 (21)

内容紹介

家族、恋、友情……さまざまな関係性で綴られる“好きのかたち”。 ――現代編 中学生の一人娘が同級生の女の子とキスをしているのを目撃して動揺する妻。実は夫にも、かつて同級生の男の子を好きになったことがあった。 ――明治時代編 大切な“お友達”になった女学生の環と周。周の縁談が決まり二人は離れ離れに……。 ――70年代編 病気で余命わずかと知った環は、同じアパートに住む少年と出会い交流が始まる。 ――戦後編 復員兵の周は元上官の環と再会し、闇市で一緒に店を始めるが、環には秘密があった。 ――江戸時代編 周の夫を斬った相手は、幼馴染みの環だった。仇討ちのため再会したことから、二人の運命が変わり始める。


レビュー15

5/52024/02/23 おにお

さすがよしながふみ先生。 これぞよしながふみ先生。

5/52024/02/16 にぎり

買うのを迷う時間がほんとうに惜しいくらいの、最高の一冊です。 わたしは兵隊さんの話が1番好きだなあ。 エピローグがすてき。名前の予想はしていたけど改めてグッときた。


一緒にこんな本も買われています