猫と竜

猫と竜

更新ステータス
隔週木曜更新
作者
佐々木泉, アマラ, 大熊まい
掲載誌
マンガボックス
出版社
マンガボックス

291,134


内容紹介

「小説家になろう」の短編作品としては異例の日刊ランキング1位を獲得。その後もリスト短編ランキング上位をキープし続ける大人気ファンタジーが待望のコミカライズ! 「なぁ、羽のおじちゃん。おいら人間の子供に、魔法を教えてやりたいんだ」。深い深い森の奥。一匹の火吹き竜が、魔法を操る猫たちと暮らしていた。竜は、この森で猫に育てられたのだ。竜の寿命は永い。兄弟猫はとっくに眠りに就き、その子猫が育ち、また新たな命が生まれる。長きにわたり森の猫を守り育てる人間嫌いの竜を、猫たちは「羽のおじちゃん」と呼び、人間は畏怖と敬意を込めて「猫竜」と呼んだ。森の猫は大きくなると、縄張りを求めて巣立っていく。その中には、人間と暮らす猫もいるのだ。冒険の旅に出た王子と、師匠の黒猫。孤児院に住むものぐさ少女と、少女に魔法を教える白猫。冒険者ギルドの看板猫になったのもいる。そして森では、今日も竜が子猫に狩りを教えている。これは、猫と竜と人間の、温かくて不思議な物語。


コメント 82

2024/04/15 セリカ

木の実がついた枝を咥えて「食べよう」と王子様に言うのが最高に可愛い……(´ワ`)

2024/02/25 みるきー

龍のお母さんは、人間の槍にやられたのかな?


発売中の単行本

もっと見る


あなたにおすすめのマンガ