天智と天武-新説・日本書紀-

天智と天武-新説・日本書紀- (4)

更新ステータス
マンガ
作者
中村真理子 園村昌弘
掲載誌
ビッグコミック
出版社
小学館
5 (2)

内容紹介

豊璋の母国・百済が滅亡した。百済残党軍からの救援要請に、朝廷は大揺れとなる。朝鮮半島に日本軍を派兵し、新羅と戦って百済を復興させたい中大兄皇子に対し、大海人皇子は和平工作の道を選ぶ。海を渡って新羅に密航した大海人は、武烈王と再会して百済残党軍との調停役を買って出る。交渉はうまくいくかに見えたが……あくまで出兵にこだわる中大兄と、強大な唐・新羅連合軍との戦争を回避したい大海人との確執が本格化!母親の斉明女帝は大海人に同調するも、中大兄に押し切られ、日本軍はついに出陣することに…!?


レビュー2

5/52024/06/21 ないない

試し読み良いとこで止めるなぁー

5/52020/04/09 戦犯かます李信君

大海人の手下の鼠?大好き〓


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています