アンメット

アンメット ーある脳外科医の日記ー (1)

更新ステータス
マンガ
作者
大槻閑人 子鹿ゆずる
掲載誌
モーニング
出版社
講談社
5 (2)

内容紹介

脳疾患が招く麻痺、記憶障害、失語症――。脳外科医が診るのは、脳ではなく人生。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ!/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。アメリカの病院から郊外の主幹病院にやってきた三瓶友治は空気を読まない。それは、少しの遅れが人生を左右する脳外科医ならではのふるまいでもあった。「脳内血腫」「第4脳室腫瘍」「失語症」の症例を収録。


レビュー2

5/52024/07/02 グッド

ドラマから知り更にハマりました!とても引き込まれて一気に見てしまいます!!

5/52024/06/28 その神獣面白い読んで

面白い! かこ


同じシリーズの作品

もっと見る


一緒にこんな本も買われています