娘がいじめをしていました

娘がいじめをしていました

更新ステータス
マンガ
作者
しろやぎ秋吾
掲載誌
コミックエッセイ
出版社
KADOKAWA
4 (34)

内容紹介

【あらすじ】中学時代にいじめられた経験を持つ赤木加奈子はある日、小学5年生の娘・愛が同級生の馬場小春をいじめていることを知り、家族で馬場家に謝罪に向かう。加奈子たちの謝罪はその場では受け入れてもらえたものの、小春はその後、不登校になってしまう。小春の母・千春は苦しむ娘を見て知り合いに相談するが、SNS上での匿名の告発をきっかけに、思いもよらない事態へと発展してしまうのだった──。我が子への不信感、夫との意見の相違、SNSで巻き起こる炎上…様々な問題に翻弄される二つの家族。自分の子供がいじめの当事者と知った時、「正しい対応」とは果たして何なのか?いじめ問題を加害者家族、被害者家族双方の視点から描く、意欲的セミフィクション。【「シリーズ 立ち行かないわたしたち」について】「シリーズ 立ち行かないわたしたち」は、KADOKAWAコミックエッセイ編集部による、コミックエッセイとセミフィクションのシリーズです。本シリーズでは、思いもよらない出来事を経験したり、困難に直面したりと、ままならない日々を生きる人物の姿を、他人事ではなく「わたしたちの物語」として想像できるような作品を刊行します。見知らぬ誰かの日常であると同時に、いつか自分にも起こるかもしれない日常の物語を、ぜひお楽しみください。


レビュー27

5/52024/02/19 みみみ

いじめの性質上、被害者より加害者の方が圧倒的に多いはずだけど、加害者の声ってすごく少ないですよね…貴重な体験談をありがとうございました。

5/52024/01/22 りんご

考えさせられる話だな。 自分の子供がいじめの被害者加害者どちらにもなり得る可能性があるってことを常に頭において、きちんと子供を正しい道に導いてあげられる親でありたい。 傷ついた時には心に寄り添って、間違ったことをしたらきちんと叱って。 子供は純粋がゆえに酷く残酷なことをしてしまう時があると思う。そんな時に正しく手を差し伸べられる大人でありたい。そして子供達の周りにそんな大人がたくさんいてほしい。


一緒にこんな本も買われています